読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「<断層>の時代/1950年代前半の歴史像への試み」成田龍一(思想05/12)

この論文は,戦後とはどういう時期か,何時からをそう呼ぶのが適切かという<課題>にも応えるものなのだが(これについては、『八月十五日の神話/終戦記念日のメディア』佐藤卓巳<ふくろうの夢70>)、その時期に発行された文芸誌にそった展開がなされている。
 それは「新日本文学」から分裂した「人民文学」であり「文学の友」「生活と文学」である。
(この4誌のそれぞれの時期の読者として,わたしの青少年期が重なったこと、職場でも地域でも複数のサークルに参加したことなどで、あらためてそれらの位置づけに関心があった)

  **************

 著者は,「人民文学」の特徴付けとして3点をあげる。
第一に「人民文学」が、文壇の中に閉じるのではなく、社会的な出来事と社会運動のルポをとりあげ、盛んに論じていること。例えば,松川事件でありメーデー事件であり京大事件であり内灘基地拡張反対闘争である。
第二に「人民文学」は、既成作家の寄稿以上にあらたな書き手を積極的に登用した。それは生産点からの文学や闘争を重視しした、新しい文学構想によるものだった。創刊から一年間に23人27編の小説が掲載されたが,そのうち14人が新人の労働者作家だった。
第三に「人民文学」は、職場・地域・学校などの文学(的)サークルとの交流を求め,そこに集う人々の動きと存在に着目している。把握しているサークルは約400とされた。
 

 しかし「人民文学」の主体と表現をめぐる3つの論点が出された。
第一は「人民文学」に瀰漫する<ひとりよがり><おしつけ><自己陶酔>を云うもの。例えば小野十三郎は、前衛意識の過剰から観念的に先走り,本来は甘ったれた感傷の裏返しに過ぎない怒号叫喚や思い上がった指導者根性と手厳しく指摘した。
第二は,主体と表現の関係を原理的に考えるもの。
イ・文学的には,誰の為に書くのかを問い,作品は作者と読者の共作であり、読者が広範である分だけ質が充実するとする。
ロ・サークル活動としては,例えば安部公房は、普及と向上を結びつけ,政治的に高まることが詩をたかめ、詩の高まりが政治を高めると説く。
第三は,例えば関根弘は、サークル運動の詩を,生活綴り方運動の線上におき
、これらの詩は<文学の探究>以上に<生活の探求>に力点が置かれ,作品の芸術的な面には関心が無い。サークル詩は<日本の記録>をつくる素材で、そのためにも、<ブルジョア民族主義>との思想的闘いを経て,民族解放を使命とする<国民詩>へと至るとした。

 サークル文学運動を拡げ高める為にも「人民文学」や後継誌の「文学の友」「生活と文学」が活動したのだが、例えば佐々木斐夫はサークルについて、人間関係の新しいつながりを固め,お互いの理解を通じてお互いの運命を規制しているものが何であるかを認識し始めることに役立ったとする。

 

 ではサークルという広い土壌の上に,どんな文学が開花するのか。
例えば野間宏は,生活の事実を基礎におき,個別の事実から共通の像を探り,共通の像が個性化されたものを典型とし、この過程で時代と社会を把握しようとした。

 しかし、「人民文学」派のもつ実感は,あらかじめのイデオロギーと予定調和している。政治的な対立を重視し,基準としての人民とその闘いを自明とする志向で、同時代的にも<断層>が生じていた。 
比喩的に云えば,1950年代に100万部を越える部数の雑誌「平凡」読者との断層である。

 更にこの<断層>は、1990年前後に相乗される。所謂55年体制が崩れ,高度成長経済が終焉するなかで、社会運動に対する関心は急速に薄れていく。<戦後>や<冷戦>という意識は消失し,イデオロギーの役割も変容した。「人民文学」と1950年代前半の時代には,こうして同時代的・歴史的な幾層もの<断層>がみられる。

 以上のような<断層>について語りながら,著者はこう締めくくる。
 1950年代前半の歴史像のためには、これら幾つもの<断層>の文脈をほぐす必要がある。
 だが、<断層>ばかりに目が向くが,ここに胚胎していた膨大なエネルギー、主体創出の試みは歴史的に追求され、これにより20世紀後半の<戦後史>像はあらたな豊かさを持つだろう。

  *************

 小林勝『断層地帯』や、井上光晴『書かれざる一章』などを思い出すこの時期,
『現代日本文学論争史』(未来社)『近代文学論争』(筑摩書房)『日本文学史序説』(平凡社)『座談会昭和文学史』(集英社)『日本近代文学評論選』(岩波文庫)などには触れられてないこの時期,
新たに,戦後文学史論がどう評価し直すのか、関心をもち続けたい。