読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<映画『SICKO>』  (07.12.21)

SICKO』とは、2007年アメリカで封切りされた、マイケル・ムーア制作・監督・脚本・出演の作品。
医療制度の具体的事実をとことん追求した1時間23分のドキュメンタリーである。
●ムーアは、2002年『ボウリング・フォー・コロンバイン』で銃社会に突撃。アカデミー賞受賞(長編ドキュメンタリー賞)!。
2004年『華氏911』ではブッシュ大統領に突撃。カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞!
そして、第60回カンヌ国際映画祭特別招待作品!が、この『SICKO』。
●ここでのテーマは、世界中の誰もが関わりをもつ、医療制度問題。
ムーアは、救急車に事前申請が必要?!等というアメリカの現状をしっかり描写し,この国の医療制度はビョーキ(sicko)だ!!」批判。
これに、医療業界は厳戒態勢!医療業界の重役たちの髪がストレスで抜け落ち、ただちに「マイケル・ムーア対策マニュアル」(ご丁寧にも、ムーアそっくりさん実演DVD付)を製作。全米の支社に緘口令!
ブッシュ政権はムーアに、突撃取材先キューバへの不法入国の容疑をかけ、上映中止をちらつかせる!
さらに、来年の大統領選候補者の多くが、「公的健康保険の導入」を急に公約に掲げ始める!
なんと、アメリカの健康保険充実度は世界37位、泣く子もだまる超大国が、先進国中最下位だ!!先進国で唯一国民健康保険制度のないアメリカ。6人に一人が無保険で、毎年1.8万人が治療を受けられずに死んでいく。
● しかし、『シッコ』はちゃんと保険に入っている人々についての映画だ。 
 え? なら、何の問題があるの? それが大あり。
 アメリカの医療保険の大半はHMO(健康維持機構)という、民間の保険会社が医師に給料を支払って管理するシステム。
保険会社は、治療は不必要と診断した医者には、“(無駄な)支出を減らした”という旨の奨励金を与え、加入者には何かと理由をつけて保険金を払わない。
 さらに多額の献金で政治家を操り、都合のいい法律を作らせる。そんな政治家たちは公的医療保険を求める動きに対して「国による健保の管理は社会主義への第一歩だ!」と恫喝し完全につぶす。
 結局、国民は高い保険料を払っても、一度大病を患えば治療費が支払われずに病死か破産だ。
「I am sick of it(もう沢山だ)!」とムーアは叫ぶ。
SICKOとは、アメリカ俗語で病人、精神障害者、倒錯者、変質者狂人を指す。つまりここでは、世界の超大国アメリカが、<それ>だとマイケル・ムーアが告発しているのだ。
● 対比して,ヨーロッパの先進国イギリス・フランスと、中米の<発展途上国>キューバの医療制度を紹介する。原則として,どこでも・いつでも・だれでも、医療は無料で受けられるこれらの国の現実を。
●わが日本では,財界と政府が遅れたアメリカ型の医療制度に近づけ、浮かした税金を戦争で儲ける大資本のために使おうとしている。
介護保険制度」の改悪もそうであり「後期高齢者医療制度」もその為に国民負担を大きくすることを狙っている。
かつて60年代末から70年代にかけ,全国の革新自治体等で<老人医療費無料>の制度が次々と実施された時,これを敵視し潰そうとしていたのは,アメリカべったりの自民党政府と、これを動かしていた財界だった。
 かれらがアメリカ的医療制度にあこがれ、国民の生命・健康より、大企業の膨大な利益を重視していることは今でも変わりはない。ということを思い出させる,なかなかの映画だった。